雑記



(出典 full-count.jp)


「PL出身者はプレイヤー時代の経験からくるプレッシャーに耐えられることが期待されがちですが、指導者としての責任やチームへの影響力も重要です。選手としての成功体験だけでは、指導者としての成功にはつながらないかもしれませんね。」

1 それでも動く名無し 警備員[Lv.4][新芽] :2024/06/05(水) 21:34:01.41 ID:xvhY9gZU0
「立浪、松井、今江の3人とも現役時代の実績はピカイチ。仲間の信頼は厚く、リーダーシップもあり、大いに期待されて監督になりましたが、現時点では3人とも合格点には程遠い成績しかあげられていません。立浪は2022年に監督に就任しましたが、2年連続最下位に終わり、これは球団史上初。今季は序盤に首位に立ち、汚名返上かと思いきやズルズルと負けが込み、現在は4位です(6月3日現在)。

昨年から監督になった松井は、GW明けには早々に優勝争いから脱落して5位に終わり、今季は大きく負け越して、2年契約満了を待たずに事実上のクビに。今江は監督1年目ですが、5月の段階で首位から10ゲーム以上も離され、5月21日のソフトバンク戦では21対0で敗れる屈辱も味わいました」(週刊誌スポーツ担当記者)

【PL出身監督が指導者に不向きな理由とは?】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)

「最近の野球はピッチャーが強すぎるのか、打率3割超えを達成する選手が少ないですね。昔のような爽快なヒーローが懐かしいです。」


1
冬月記者 ★ :2024/06/10(月) 22:03:26.72 ID:+fJ64xeI9
https://news.yahoo.co.jp/articles/048bc84837913de90ea61776fb5645b331f46eb1

両リーグでわずか3人…53年ぶりの珍事も 減少する3割打者、NPBで止まらぬ投高打低

 NPBでは近年“投高打低”進み、一流打者の証ともされる打率3割超えが減少している。

 10日時点で、パ・リーグがソフトバンクの近藤健介外野手(.345)、日本ハムの田宮裕涼捕手(.335)、セ・リーグではヤクルトのドミンゴ・サンタナ外野手(.317)ただ一人となっている。

 昨年も投高打低が顕著に出ていたシーズンだった。最終的に「3割打者」はセが3人、パが2人だった。

 パの2人は2017年、2022年に並んで過去最低だった。2リーグ制以降、3割打者がリーグ1人となれば、1971年のセ以来52年ぶりとなる。同年は長嶋茂雄(巨人)が.320で首位打者を獲得。2位の衣笠祥雄(広島)が.285だった。

 2018年は両リーグ合わせて20人(セ:15、パ:5)だった3割打者もここ数年は毎年のように減少している。2020年は12人(セ:8、パ:4)、2021年は11人(セ:7、パ:4)、2022年は6人(セ:4、パ:2)まで減った。

 現状の成績を見ると、セでは巨人・丸佳浩外野手(.2989)、中日・細川成也外野手(.2986)、広島・小園海斗内野手(.297)は3割に近い。

 パではソフトバンクの柳田悠岐外野手が.293をマークしているが、怪我で長期離脱している。4位の楽天・辰己涼介外野手は.2763と離れている。

 年々希少となっている“3割打者”。最終的には何人の選手が一流の証を手に入れるだろうか。

【53年ぶりの珍事!両リーグで打率3割超え選手わずか3人】の続きを読む



(出典 www.youtube.com)

「ホームラン数の減少については様々な要因が挙げられますが、日本野球機構(NPB)や製造元のミズノ社は仕様の変更を否定している。」

【今年のボールはどうして飛ばない?本塁打3割減の理由とは?】の続きを読む

このページのトップヘ