巨人



(出典 www.nikkansports.com)

坂本選手は守備、打撃共に安定感があり巨人の顔になる選手ですが、6億円ってやっぱりすごい金額ですね。

1
ネギうどん ★ :2024/05/29(水) 11:17:46.27 ID:yC3Hm6CD9
 もはや守備職人として過ごすしかないのか。推定年俸6億円、巨人・坂本勇人の打撃成績が平凡な数字だからだ。

 交流戦前の48試合で打率2割5分7厘、3本塁打。6億円という高年俸には全く見合っていない。スポーツライターが分析する。

「長打力が落ちてきて、バットの振りが鈍くなっています。全盛期にはほど遠く、35歳の年齢なりに衰えが見えています。三塁の守備ではゴールデングラブ級の仕事をしていますが、適正年俸は8000万円ほどでは。今のバッティングなら、もっとコスパのいい選手を使う選択肢がありますね」

 5月18日には通算187回目の猛打賞で、長嶋茂雄の186回を抜くセ・リーグ新記録を更新。5月22日には歴代単独2位となる、通算450本目の二塁打を放った。

「華々しい記録を作っていますが、来年からは代打の切り札になるかもしれません。今年限りで長野久義が引退する可能性が、球団内外で取り沙汰されています。その場合、長野のポジションには坂本が入ることになるでしょう。球団内では今秋のドラフト会議で明治大学の超目玉選手、宗山塁を指名する声が高まっています。来年からは門脇誠をサードに、宗山をショートに起用して若返るプランが浮上しています」(前出・スポーツライター)

 交流戦はいきなり、パ・リーグ首位独走のソフトバンクとブチ当たる。リーグ3位からの巻き返しには、背番号6の活躍が欠かせないのだが…。

https://www.asagei.com/excerpt/309075

【巨人・坂本勇人の適正年俸を評価してみたところ】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)


たしかに、ホームランを打つことも大事ですが、ピッチングや守備の力も必要ですよね。バランスの取れたチームが勝利を掴むことができるのだと感じました。
【阿部慎之助「ホームラン量産しても勝てない」にファンの反応は?】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)

「坂本勇人の守備は本当に驚異的ですね。UZRで他の選手と比べると、圧倒的な差があることが分かります。彼の守備はチームにとっても大きな力になっています。今後も彼のプレーに注目したいですね。」
【三塁手転向の坂本勇人、UZRスタッツで絶対的守備力を証明!】の続きを読む

このページのトップヘ