(出典 i.ytimg.com)

大谷翔平と王貞治が1位を争うなんて、本当に難しい選択ですね。どちらも日本を代表する選手で、その実績は誰しもが認めるところです。

1
征夷大将軍 ★ :2024/05/23(木) 19:40:55.45 ID:OtEkan5C9
2024.05.23 16:00
https://cocokara-next.com/athlete_celeb/top-10-japanese-professional-baseball-players/

野球の本場である米球界が選んだ「日本人の最高選手」とは?(C)Getty Images

 興味深い特集が米老舗誌で掲載された。

 現地時間5月21日、米誌『Newsweek』は、「日本出身の最高選手TOP10」と銘打った記事を掲載。NPBでのみ活躍した往年の名選手を含めた独自のランキングを公表した。

 ありとあらゆる名手たちがランクされた。「現代ではポスティングシステムでNPBからMLBに移籍できるようになったが、それ以前に活躍していた選手もいる」とした同誌は、長嶋茂雄氏(10位)や張本勲氏(8位)、野村克也氏(4位)といった日本ではお馴染みのレジェンドたちに加え、松坂大輔氏(9位)、松井秀喜氏(7位)、野茂英雄氏(6位)らメジャーリーグでも名を馳せた選手もピックアップした。

 興味深かったのは上位3名だ。

 記事を執筆したJ.P.フーンストラ記者は3位にイチロー氏を選出。「マリナーズで絶頂期を迎えた彼は、比類のない打力に加え、毎年MVP候補に挙げられていた」と絶賛し、米球界におおける稀有さを称えた。

 そんな「史上最高の安打製造機」とも言われるレジェンドを上回る評価を得たのは、王貞治氏だ。

 世界一となる通算868本塁打を放ち、「世界の王」として語り継がれてきた王貞治氏だ。NPBでの通算本塁打王15回、首位打者5回、打点王13回という圧倒的な功績に加え、打率.301、出塁率.446、OPS 1.080という通算成績を記した同誌は「868本という本塁打数は打者としての彼の総合的な技術を覆い隠している。オウは特筆に値する」と強調した。

 そして、数多のレジェンドたちを上回る「1位」の評価を得たのは、「やはり」と言うべきかもしれないが、大谷翔平(ドジャース)だった。

 2018年のエンゼルス入団から「どちらかに絞るべき」といった様々な批判を受けながらも、二刀流を続けてきた大谷。いまや2度のMVPを受賞したほか、日本人選手では史上初となるメジャーリーグでの本塁打王にも輝くなど、ありとあらゆる金字塔を打ち立てている。

 そんな偉才をフーンストラ記者は「世界最高の選手たちと投げ合え、打ち合える。稀有な能力はよく知られている」とし、ドジャースと締結した超巨額契約についても「23年12月にドジャースと10年7億ドル(当時約1015億円)の契約で十分すぎる報酬も得ている」と論じた。

 野球の本場である米メディアで特集が組まれる。この事実は、球界でもグローバル化が進んでいるとはいえ、日本人選手に対する評価が高まっている証左と言えよう。

10位 長嶋茂雄
9位 松坂大輔
8位 張本勲
7位 松井秀喜
6位 野茂英雄
5位 ダルビッシュ有(現パドレス)
4位 野村克也
3位 イチロー
2位 王貞治
1位 大谷翔平(現ドジャース)

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【米誌が厳選!最高の日本人野球選手TOP10を発表 大谷翔平、王貞治の名前も】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)
確かに、根尾選手の投手転向の話題は今後もずっと取り沙汰されそうですね。本人がどのような道を選ぶのか、ファンとしては今後の展開に注目したいと思います。
【根尾の投手転向に隠された立浪の真意とは?】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)


根尾昂は期待されていただけに、今の成績が悔やまれますが、若い選手なのでこれから成長していくことを信じています。頑張れ、根尾!

1
Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/23(木) 18:55:41.16 ID:7uEkhZZq9
プロ野球・中日は23日、根尾昂投手と板山祐太郎選手の登録を抹消しました。

今月5日に今季初1軍登録となった根尾昂投手。10日の広島戦で5番手のリリーフとして今季初登板を果たすと、0回2/3を無失点に抑えました。

しかし、16日の中日戦で3番手として4イニングを投げますが、ホームランを打たれるなど3失点を喫しました。その後の登板はなく、1軍での成績は2試合に登板して、防御率5.79となっています。

また根尾投手と同じく、5日に今季初1軍登録となった板山祐太郎選手は、その日のヤクルト戦で6番セカンドとしてスタメン出場するなど、ここまで6試合に出場して打率.308を記録していました。

https://news.ntv.co.jp/category/sports/da7672c7bf784ecb8a14b08405b431d8

【根尾昂、2試合の登板後に抹消 防御率5.79を記録】の続きを読む

このページのトップヘ